vs東亜大学W

こんにちは!
新4年生マネージャーの東園です。

3月28日、東亜大学さんとのオープン戦を行いました。

第1試合
北 ‭‭‭010 010 002‬‬‬ | 4
東 301 003 00× | 7

北九大は初回に3点、3回に1点、6回に3点を奪われ、7-2と大幅にリードを広げられます。
1点でも多く返したい北九大は9回の表、先頭打者が相手野手のミスにより出塁します。ここで7番若杉(新2年・長崎南山)が左前安打で無死1、2塁。
続く打者田中聖弥(新2年・防府)も右前安打を放ち、1点を返します。
その後、内野ゴロの間に走者が生還しこの回2得点。粘りたい北九大でしたが、かなわず試合終了。4-7で敗れました。


第2試合
東 ‭‭‭004 420 002‬‬‬ | 12
北 501 403 00× | 13

1回の裏、北九大の攻撃。
先頭打者田中聖弥が右前安打で出塁、盗塁を決めます。
その後相手野手の野選や投手の四球により、押し出しで1点先制します。
未だ無死満塁のチャンス。バッターは名城(新2年・宮崎南)。
右前適時打により走者が生還します。
さらに、7番山下廉太(新2年・東筑)の犠飛で1点、主将渡辺(新4年・小倉東)の左越二塁打で2点追加。この回一挙5点を奪いました。
しかしこの後、東亜大の猛追に一時10-10の同点となりましたが、6回に3点を追加。9回に1点差まで詰められますが、なんとか逃げ切り試合終了。
12-13で勝利しました。

今回の試合では連日の疲れが残っているのか、野手の失策が多く目立ちました。
この連戦で、リーグ戦を戦い抜く体力を身につけていきたいと思います。