宮崎キャンプOP戦

こんにちは。
新4年生マネージャーの東園です。

今日で宮崎キャンプは9日目となりました。
9日から12日までの4日間、オープン戦を行いましたので、結果をご報告させていただきます。

3月9日(金) vs中央大S

北 100 000 100|2
中 227 010 02×|14

初回に土田(新2年・小倉)の適時打で1点、7回に内野ゴロの間に1点を奪うものの、中央大学さんの切れ目のない打線で大量得点を許し、完敗しました。


3月10日(土) vs横浜商科大S

横 000 011 010    | 3
北 000 500 00×   | 5

4回の攻撃。
4番からの打線は繋がり、打者は
7番仲野(新4年・自由ヶ丘)。
熱い一打が伸び、ライト線へ。2人を生還させます。
続いて9番若杉(新2年・長崎南山)が左越二塁打、更に1番稲毛(新4年・北筑)の中越三塁打で一気に5得点とし、勝利しました。


3月11日(日) vs高千穂大W

第1試合
高 000 010 000 | 1
北 010 000 30× | 4

試合が動いたのは7回。先頭打者若杉(新2年・長崎南山)が左中間へ三塁打を放ちます。
その後安打が続き一挙3点を奪い、北九大が逃げ切る形での勝利となりました。


第2試合
北 001 113 000 | 6
高 010 002 000 | 3

2回に先制点を許しますが、すぐに取り返す北九大。6回、代打下薗(新4年・鞍手)の右越二塁打などでこの回3得点を奪い相手を引き離します。
この試合12安打を記録し、キャンプでの練習の成果を実感しました。


3月12日(月) vs宮崎産業経営大S

宮 | 400 000 000 | 4
北 | 031  160 30x | 14

北九大の投手陣は立ち上がり不安定でしたが、2回以降は吉田(新4年・嘉穂東)、山下廉太(新2年・東筑)をはじめ味方打線の援護もあり復調しました。
打線は繋がりがあり、4点を先制されても、十分に跳ね返すことができました。


4日連続での試合ではありましたが、キャンプの成果が存分に発揮できたのではないかと思います。リーグ戦まで残り1ヶ月ほどですが、関東遠征やオープン戦を経てチームとして更なるレベルアップを図っていきたいと思います。

また、この土日では
遠方から沢山の方々に球場まで足を運んでいただきました。
その中で、良い雰囲気でチーム一丸となり試合に臨めたことを嬉しく思います。
皆様本当にありがとうございました!

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    緒方誠 (木曜日, 15 3月 2018 14:36)

    宮崎キャンプ、お疲れさまです。
    今年も4日ほどキャンプにお邪魔し、大変ご迷惑をおかけしました。OP戦3試合ほど観戦しましたが、連打あり、又投手陣もきっちりと責任回を投げぬき、それぞれが役割を果たし、なかなかのチームだと思っています。
    2018春のリーグまで一月余りとなりました。
    皆さん、開幕まで体調を崩さずに。