私たち北九州市立大学硬式野球部は

全日本大学野球選手権出場を目指し日々練習に励んでいます。

 

このホームページにどんどんアップしていきますので

チェックお願いします!!


〈お願い〉

練習試合等での試合のビデオ撮影はお断りさせていただきますのでご配慮のほどよろしくお願いします。


鹿児島国際大学

こんばんは。
3年生マネージャーの南です。

本日は門司球場にて鹿児島国際大学さんとオープン戦をさせていただきました。

結果は以下の通りです。

北九大 200 002 210|7
鹿国大 002 020 200|6

鹿|牧元、●島木、湯ノ口、北-池田健悟、池田健志、定野

北|江原、林、杉本、○佐藤-古閑、井本

北九大は初回、一死二、三塁で4番北里(2年・東筑)の三塁適時打で2点を先制します。

北九大の先発は江原(3年・青豊)。
単打や四死球を与えながらも1、2回を無失点で切り抜けますが、3回に2点を失います。

追加点を奪いたい北九大ですが、5回までチャンスを作りながらも追加点を奪えません。

その後、林(4年・嘉穂東)、杉本(2年・八幡)が登板しますが、単打を重ねられ、4点を失います。

流れを変えたい北九大は6回、7番古閑(3年・熊本北)の三塁適時打、8番内村(4年・鳥栖)の犠飛で2点を挙げ、7回には3番吉永(1年・小倉)の本塁打で、2点を挙げます。

8回には代打の深村(2年・鹿島)の適時打で勝ち越しの1点を挙げます。

最後の2回を佐藤(2年・熊本北)がピシャリとしめ、苦しい闘いでしたが、勝利することができました。

今日の試合は総力戦で、最後まで粘って勝ち取った勝利でした。
明日、明後日の試合でも収穫の多い試合をし、リーグ戦に良い形で入れるようにしていきます。

応援よろしくお願いします。





OB会

こんにちは。

4年マネージャーの陣内です。


先日、北九州市立大学の卒業式が行われました。


その日の夜、北九州市立大学硬式野球部のOB会が

開催されました。

OBの方々とお話をさせていただく中で

たくさんの吸収があり、部員も貴重な時間となりました。


日頃、野球部がこうして何不自由なく野球が出来ている環境もOBの方々のご支援のおかげだと思っております。本当にありがとうございます。


これからもご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。


そして、卒業生のみなさん。

ご卒業本当におめでとうございます!

続きを読む

鹿児島国際大学

こんばんは。
3年生マネージャーの南です。

本日は門司球場にて鹿児島国際大学さんとオープン戦をさせていただきました。

結果は以下の通りです。

北九大 200 002 210|7
鹿国大 002 020 200|6

鹿|牧元、●島木、湯ノ口、北-池田健悟、池田健志、定野

北|江原、林、杉本、○佐藤-古閑、井本

北九大は初回、一死二、三塁で4番北里(2年・東筑)の三塁適時打で2点を先制します。

北九大の先発は江原(3年・青豊)。
単打や四死球を与えながらも1、2回を無失点で切り抜けますが、3回に2点を失います。

追加点を奪いたい北九大ですが、5回までチャンスを作りながらも追加点を奪えません。

その後、林(4年・嘉穂東)、杉本(2年・八幡)が登板しますが、単打を重ねられ、4点を失います。

流れを変えたい北九大は6回、7番古閑(3年・熊本北)の三塁適時打、8番内村(4年・鳥栖)の犠飛で2点を挙げ、7回には3番吉永(1年・小倉)の本塁打で、2点を挙げます。

8回には代打の深村(2年・鹿島)の適時打で勝ち越しの1点を挙げます。

最後の2回を佐藤(2年・熊本北)がピシャリとしめ、苦しい闘いでしたが、勝利することができました。

今日の試合は総力戦で、最後まで粘って勝ち取った勝利でした。
明日、明後日の試合でも収穫の多い試合をし、リーグ戦に良い形で入れるようにしていきます。

応援よろしくお願いします。





OB会

こんにちは。

4年マネージャーの陣内です。


先日、北九州市立大学の卒業式が行われました。


その日の夜、北九州市立大学硬式野球部のOB会が

開催されました。

OBの方々とお話をさせていただく中で

たくさんの吸収があり、部員も貴重な時間となりました。


日頃、野球部がこうして何不自由なく野球が出来ている環境もOBの方々のご支援のおかげだと思っております。本当にありがとうございます。


これからもご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。


そして、卒業生のみなさん。

ご卒業本当におめでとうございます!

続きを読む

こんにちは。

1年マネージャーの入江です!


本日、北九州市立大学は福岡工業大学とオープン戦をし、3-14という結果に終わりました。

スコアは以下の通りです、


【北】: 100 000 002 |   3

【福】: 002 605 10× | 14


【北】●早川、大森、溝尻、橋本伊-浦瀬、加納、本島

【福】塩谷、○岡本、松尾、森口-萱嶋、白水


猪位金球場にて行われた福岡工業大学との試合は、初回から作本(3年・熊本西)が初球からヒットを放ちます。続く3番堀川(3年・宇土)のツーベースヒットにより大きな先制点を獲得します。


先発ピッチャーの早川(1年・津山高専)も2回まで無失点に抑え、チームを助けます。


3回の裏、福工大の攻撃。1人目、2人目のバッターを三振に抑えますが、その後ヒット、ホームランと続き、逆転を許します。


その後、福工大の猛打に捕まり14点を奪われ、迎えた最終回。


先頭バッター吉崎(3年・広島国泰寺)のヒットに続き、代打山田(3年・八女)のスリーベースヒットが飛び出し1点返します。

続く岡元(3年・宮崎西)のはたらきにより山田が帰還。さらに1点を追加します。

そして続いて副田(3年・諫早)がヒットを放ち、勢いにのる北九大ですが、その後、加点することは出来ず、試合終了。

3-14という後悔の残る試合となりました。


本日は気温も上がり、暑い中の試合となりましたが、最後まで大声を出し続けている姿に感動しました。


これからも全力疾走の北九大硬式野球部の応援をよろしくお願いします。


鹿児島国際大学

こんばんは。
3年生マネージャーの南です。

本日は門司球場にて鹿児島国際大学さんとオープン戦をさせていただきました。

結果は以下の通りです。

北九大 200 002 210|7
鹿国大 002 020 200|6

鹿|牧元、●島木、湯ノ口、北-池田健悟、池田健志、定野

北|江原、林、杉本、○佐藤-古閑、井本

北九大は初回、一死二、三塁で4番北里(2年・東筑)の三塁適時打で2点を先制します。

北九大の先発は江原(3年・青豊)。
単打や四死球を与えながらも1、2回を無失点で切り抜けますが、3回に2点を失います。

追加点を奪いたい北九大ですが、5回までチャンスを作りながらも追加点を奪えません。

その後、林(4年・嘉穂東)、杉本(2年・八幡)が登板しますが、単打を重ねられ、4点を失います。

流れを変えたい北九大は6回、7番古閑(3年・熊本北)の三塁適時打、8番内村(4年・鳥栖)の犠飛で2点を挙げ、7回には3番吉永(1年・小倉)の本塁打で、2点を挙げます。

8回には代打の深村(2年・鹿島)の適時打で勝ち越しの1点を挙げます。

最後の2回を佐藤(2年・熊本北)がピシャリとしめ、苦しい闘いでしたが、勝利することができました。

今日の試合は総力戦で、最後まで粘って勝ち取った勝利でした。
明日、明後日の試合でも収穫の多い試合をし、リーグ戦に良い形で入れるようにしていきます。

応援よろしくお願いします。





OB会

こんにちは。

4年マネージャーの陣内です。


先日、北九州市立大学の卒業式が行われました。


その日の夜、北九州市立大学硬式野球部のOB会が

開催されました。

OBの方々とお話をさせていただく中で

たくさんの吸収があり、部員も貴重な時間となりました。


日頃、野球部がこうして何不自由なく野球が出来ている環境もOBの方々のご支援のおかげだと思っております。本当にありがとうございます。


これからもご指導ご鞭撻の程よろしくお願いします。


そして、卒業生のみなさん。

ご卒業本当におめでとうございます!

vs北海道大学

こんにちは。

4年マネージャーの陣内です!


今日B組は長崎県のかきどまり球場で

北海道大学と試合を行いました。


北|0000101024

道|0040000004


【道】田中耀、鶴田、縁記-菅野、堀井

【北】松島、江原、林、杉本、池田-加納、井本、長野


結果は44の引き分けとなりました。


北九大先発は新入生松島(1年・臼杵)。立ち上がりを3人で切り抜け上場の立ち上がり。ところが3回、四球で走者を出すと相手に犠打を決められ12塁。ここで味方の失策が絡みこの回一挙に4失点となりました。


流れを変えたい北九大は5回の攻撃。

先頭の6番澤田(1年・長崎清峰)が粘り四球で出塁。続く中川(2年・常磐)がしっかりと犠打を決めます。その後、相手のボークとゴロの間に走者生還。1点を入れます。


追加点が欲しい北九大は7回。

先頭打者の澤田が二打席連続の四球を選び塁に出ると、代打島原(1年・長崎海星)が右前安打を放ちチャンスを広げます。その後2死となり打者は途中出場の1番深村(2年・鹿島)。右前安打を放ちその間に走者が1人生還しました。


しかしその後得点を入れられず、最終回。


1死から6番今村(2年・久留米商業)、7番島原が連続安打で出塁すると、8番下薗(3年・鞍手)の2ゴロの際に相手の失策が絡み1点追加。その後9番長野(2年・宇佐)の左前安打の間に2人目が生還。同点に追いつきます。


同点のまま終わりたい北九大は7回途中から投げた池田(1年・長崎商業)がきっちりと抑え試合終了。


一つの失策が試合を大きく動かすことと

諦めずに相手に立ち向かう事を学んだ試合となりました。


この経験を生かし、リーグ戦で活躍できるよう

選手達は頑張ってくれると思います。


明日は札幌学院大学との試合を10時から

西日本工業大学のグラウンドで行います。


リーグ戦まで1ヶ月を切り、

オープン戦も残り10試合ほどとなってきました。

応援よろしくお願いします。