私たち北九州市立大学硬式野球部は

全日本大学野球選手権大会出場を目指し、日々練習に励んでいます。


〈お願い〉

練習試合等での試合のビデオ撮影はお断りさせていただきますので、ご配慮のほどよろしくお願いいたします。



VS西日本工業大学


こんにちは。

2年生マネージャーの岩本です!


今日は西工大グラウンドにて、

vs西日本工業大学Wをさせて頂きました。



【一試合目】


200 011 002 | 6

西 200 112 01×  | 7


一試合目。

初回の攻撃、一死一塁をつくると

3番橋本啓(3年・小倉東)の中前安打、

4番尾辻(3年・中間)の左前安打に加え相手のミスも絡み2点を先制。

3年生を中心に試合の流れをつくります。


その後、両者点の奪い合いのまま最終回へ、3点を追う北九大。

二死二塁の場面で代打に指名された

主将の上原(3年・熊本大府)は擦打で粘り、

中越二塁打を放つとここで1点を返します。

続いて代打の徳島(1年・下関中等)の打球に相手のミスも絡み更に1点を重ね、一点差に迫ります。勢いのある北九大でしたが最後は邪飛球を捕球され三死目。

惜しくも6-7で試合終了となりました。



 【二試合目】


西 110 003 000  | 5

010 001 31×   | 6


二試合目。

7回まで3点を追う北九大の攻撃は一死二塁。

4番中島(3年・久留米商)、

5番深村(3年・鹿島)と左前安打で続き1点を追加、また一死二、三塁をつくります。

更に7番北里(3年・東筑)の内野安打でミスも絡みますが走者生還。同点に迫ります。


8回の攻撃。

二死から2番嶋屋(3年・小倉西)が

内野安打で出塁すると、

本日四安打目となる上原の右超二塁打で

一気に生還し逆転。

9回を無失点に抑え5-6で試合終了です。





今回は三年生全員がベンチ入りし、

両試合とも最後まで諦めることなく、

熱気のある雰囲気で戦いました。

どんな形でも繋いでいく、熱く強い気持ちを全面に出した、北九大の目指す野球をみることができたとおもいます。

新チームになって1ヶ月が経ちましたが

練習に対する気合いも十分あり、活気に溢れていますので、上原主将を筆頭に今後も精進してまいります!


0 コメント

VS西日本工業大学


こんにちは。

2年生マネージャーの岩本です!


今日は西工大グラウンドにて、

vs西日本工業大学Wをさせて頂きました。



【一試合目】


200 011 002 | 6

西 200 112 01×  | 7


一試合目。

初回の攻撃、一死一塁をつくると

3番橋本啓(3年・小倉東)の中前安打、

4番尾辻(3年・中間)の左前安打に加え相手のミスも絡み2点を先制。

3年生を中心に試合の流れをつくります。


その後、両者点の奪い合いのまま最終回へ、3点を追う北九大。

二死二塁の場面で代打に指名された

主将の上原(3年・熊本大府)は擦打で粘り、

中越二塁打を放つとここで1点を返します。

続いて代打の徳島(1年・下関中等)の打球に相手のミスも絡み更に1点を重ね、一点差に迫ります。勢いのある北九大でしたが最後は邪飛球を捕球され三死目。

惜しくも6-7で試合終了となりました。



 【二試合目】


西 110 003 000  | 5

010 001 31×   | 6


二試合目。

7回まで3点を追う北九大の攻撃は一死二塁。

4番中島(3年・久留米商)、

5番深村(3年・鹿島)と左前安打で続き1点を追加、また一死二、三塁をつくります。

更に7番北里(3年・東筑)の内野安打でミスも絡みますが走者生還。同点に迫ります。


8回の攻撃。

二死から2番嶋屋(3年・小倉西)が

内野安打で出塁すると、

本日四安打目となる上原の右超二塁打で

一気に生還し逆転。

9回を無失点に抑え5-6で試合終了です。





今回は三年生全員がベンチ入りし、

両試合とも最後まで諦めることなく、

熱気のある雰囲気で戦いました。

どんな形でも繋いでいく、熱く強い気持ちを全面に出した、北九大の目指す野球をみることができたとおもいます。

新チームになって1ヶ月が経ちましたが

練習に対する気合いも十分あり、活気に溢れていますので、上原主将を筆頭に今後も精進してまいります!


0 コメント

西日本工業大学

こんにちは!

3年生マネージャーの遠藤です。


本日は西日本工業大学と

2試合させて頂きました。


1試合目]


100 100 010 | 3

西 210 010 00× |4


初回、北九大は先頭の

早川(3年・津山高専)が

相手の捕逸で出塁すると

新チームで主将になった

上原(3年・熊本学園大学付属)が

左前安打で1点を入れます。


しかし西工大が初回に2点、

2回に1点入れ、1-3となります。


4回に相手のミスが絡み

1点を返すものの2-3

5回には相手にもう1点を入れられ

2-4と離されます。


しかし

8回の攻撃、相手のミスを逃さず

1点を入れ、3-4となりました。

ですが、このまま試合終了。

結果は3-4と惜しくも悔しい

試合結果となりました。


[2試合目]


西 012 201 000 |6

003 000 012 |6


1試合目の敗北を踏まえて

臨んだ2試合目は

2回に1

3回・4回に2点ずつを

入れられる試合となりましたが、

3年生を中心とした野手が投手を

支えようと奮闘し、この試合で

安打が10本という結果でした。


その中でも3回に尾辻(3年・中間)、

9回に上原(3年・熊本学園大学付属)が

本塁打を打つなど最上級生としての

自覚のある見事なプレーをし、チームを

引っ張ってくれました。


結果は6-6と引き分けに終わりましたが、

本日の2試合を終えてみて、

攻守共に多くの課題を見出すことが出来ました。


新チームの目標は「凡事徹底」です。

まだまだ未熟ですが、主将上原を筆頭に

北九大らしい、応援したくなるような、

そんなチームを目指して頑張っていきます。


どうぞこれからも

北九大の応援をよろしくお願いいたします。



なお、616日(土)にも西日本工業大学と

試合を西工大グラウンドにて予定しております。

是非お時間の許す方は応援のほど

よろしくお願いいたします。



VS九州大②

こんにちは。

2年生マネージャーの中村です。


本日は春季リーグ戦第52日目の日程が行われ、九州大学と対戦しました。


結果は以下の通りです。


(北)010  020  323 | 11

(九)000  001  001 |  2


(九)松下、渡口、岡-築城

(北)豊村、岡本、松岡、大森、益田-井本、河野一


両者1回からチャンスを作りますが点をものにすることができません。


しかし2回の表、北九大の攻撃。

二死から7番堀川(2年・宇部商業)の左前安打で出塁すると、続く8番井本(4年・育徳館)の左中越二塁打で、走者を生還させ1点の先制に成功します。


さらに5回には、相手のミスや四球により2点を追加、3-0とします。


今日の先発を任されたのは豊村(1年・清峰)。先発を何度も経験しリーグ戦に慣れてきたのか、落ち着いたピッチングを見せ、5回まで1安打と素晴らしいピッチングを見せ、自分の役目をきっちり果たします。


6回に1点を入れられ3-1とされますが、そこから北九大の打線が止まりません。


7回の表、北九大の攻撃。

一死1.2塁としたところで、本日好調の8番井本が左越二塁打を放ち2点を入れます。続く打者稲毛(4年・北筑)が綺麗な犠打を決め、走者を3塁へと進めます。すると途中出場の山下廉太(2年・東筑)の右前適時打で

さらにもう1点を追加し、5-1と差を広げます。


8回には、相手のミスで出塁した土田(2年・小倉)に変わって下薗(4年・鞍手)が代走ででると、5番島原(2年・海星)と6番吉田(嘉穂東)の連打を放ち、2点をものにします。


8回の裏、松岡(4年・大村工業)や大森(4年・育徳館)の4年生が継投をすると、好投な投球姿に、チームが一気に盛り上がります。


その勢いのまま、9回の表、北九大の攻撃。

先頭打者稲毛の大きな左中越三塁打を放つと、ここで代打、嶋屋(3年・小倉西)。みんなの期待に応えるかのように、これまた左中越三塁打でさらに2点の追加に成功します。途中代打で起用されていた3番亀谷(4年・岩国)の犠飛により先程三塁打を放った嶋屋が生還に成功し、さらに1点を追加したところで試合終了。

11-2という大差で勝利を収めました。



本日をもちまして、リーグ戦全日程が終了したため、4年生は引退となりました。今日の試合は明るさ持ち味の4年生を中心に活躍し、多くの盛り上がる場面を作ってくれ、チームを勝利へと導いてくれました。4年生の偉大さを知ることのできる、そんな試合でした。

新チームになってからも、4年生方の築き上げてこられたものを忘れず、新チームのいい味を出しながら、頑張っていこうと思います。これかも北九大野球部をよろしくお願いします!


北九大は平成30年度春季リーグ戦の全日程が終了しましたが、雨天のため本日の第2.3試合が明日へ延期となったため、順位や成績等はまだ確定しておりません。そのため後日お知らせ致します。

3 コメント

VS九州大①

こんにちは。
一年生マネージャーの山口です!

今日は久留米球場にて
H30年春季リーグ戦 第5週1日目が行われ
北九大は九州大学と対戦しました。

九 100  000 000 | 1
北 000  110  10× | 3

(北)○橋本伊、岡本、益田ー井本、河野一
(九)●岡ー築城

一点を追う4回の攻撃、二死からの4番土田(2年・小倉)のホームランで同点に追いつきます。
その後、6回の守備、一死満塁のピンチを迎えますが、投手の岡本(2年・自由が丘)が打たせる熱いピッチングでピンチをしのぎました。
その回の攻撃、二死三塁となり、9番稲毛(4年・北筑)の想いのこもった一振りの三塁打で、走者を生還します。
さらに、7回の攻撃では、代打で登場した主将渡辺(4年・小倉東)が、チーム全員の想いを背負い振り抜き、中前安打を放ちます。
その後、犠打、四球とつなぎ、一死一・二塁とチャンスをつくると、またも代打で登場した島原(2年・海星)の左越二塁打で、渡辺を生還させます。

先発の橋本伊(3年・必由館)は今季初勝利を挙げ、続く岡本、益田(2年・嘉穂)も打者を抑え、チームを3勝目へと導きました!

残り1試合となり、4年生と共に戦う時間はわずかとなりましたが、残り1秒まで諦めず、1つ1つを丁寧に全力疾走で勝ちにいきます!!
そして、4年生にとってはこの4年間積み重ねてきた思い、努力、全てをぶつける時間です。最後の最後まで悔いのない試合になるよう、北九州市立大学野球部全員で一丸となり戦っていきます!

明日の日程は、
5/13(日) vs九州大学
久留米球場にて9:00~試合開始となっております。
応援の程よろしくお願い致します!
1 コメント

VS九国大②

こんにちは。

2年生マネージャーの中村です。


本日は雨天のため延期となった春季リーグ戦第42日目の日程が行われ、九州国際大学と対戦しました。


結果は以下の通りです。


(九)000  001  0 | 1

(北)000  102  × | 3×


(九)山本晃、江口-村田、奥田

(北)豊村、橋本伊、大田、梅田、松島、益田 -井本


今日の先発投手を任されたのは豊村(1年・清峰)。初回から安打を浴びるも無得点に抑え好投な立ち上がりを見せます。


試合が動いたのは4回の裏、北九大の攻撃。

4番土田(2年・小倉)が四球を選ぶと、続く早川(3年・津山工業高等専門学校)の内野安打で二死1.2塁。すると6番吉田(4年・嘉穂東)の左前安打で2塁走者生還。1点を先制します。


しかし6回の表、九国大の攻撃。

先頭打者を四球で出塁させると、続く打者の犠打で2塁。継投でピンチを切り抜けたいところですが、続く2人の打者にも四球を与えてしまい、死満塁とされます。ここでマウンドを託されたのは益田(2年・嘉穂)。緊張もあったのか、暴投という思わぬ形で1点を入れられてしまいます。しかしここで集中力を切らさなかった益田は2者連続左フライで打ち取り、このピンチを最小失点の1点でしのぎます。


益田のピッチングに応えようと、その裏、北九大の攻撃。

先頭打者上原(3年・熊本学園大学付属)が四球で出塁。続く打者の犠打と盗塁で一死3塁。本日好調の5番早川の内野安打で1点を追加。流れを掴んだ北九大は7番堀川(2年・宇部商業)の右前適時打でさらにもう1点。この回2点を入れ、3-1とリードします。


試合開始から降り続いていた雨がさらに強くなり、雨天のため7回コールド。3-1で勝利しました。


コンディションの悪い中、なんとか掴み取った今季2勝目。投手野手ともに助け合い、また雨の中応援に来てくださった保護者の方々、傘もささず全力で応援をしていたスタンドの選手たちや応援団の方と、チーム一丸となって掴み取った勝利です。この流れに乗り、あと2試合を2勝という形で締めくくりたいと思います。


5週目は久留米球場にて


512日(土)第2試合 11:30~開始予定

513日(日)第1試合  9:00~開始


九州大学との試合を予定しております。


お時間の許す方は是非球場まで足を運んでいただき、応援のほどよろしくお願いします!


5 コメント

5/6(日)のリーグ戦再試合の日程のお知らせ

こんにちは。

本日5月6日(日)に行われる予定でした
リーグ戦第4週目2日目第2試合
九州国際大との二戦目は、
雨天のため中止となりました。

再試合は、
5月8日(火)筑豊緑地球場にて
第1試合、11時試合開始です。

平日での開催となりますが、
お時間の合う方はぜひ応援にお越しください!


西南大③

こんにちは。
1年生マネージャーの岩本です。

今日は大谷球場にて
春季リーグ戦第5週3日目第1試合が行われ
北九大は西南大と対戦しました。


西 000 000 020    | 2
北 200 000 001×  | 3×

(北)木谷、○梅田ー浦瀨
(西)廣澤、西方、岡村、大平、●古川ー山下雄


今日は第5週1日目第1試合の再試合が行われました。

初回の守備、無失点に抑えた木谷投手の勢いにのり、北九大の攻撃を迎えます。

1番小畑(1年・海星)が四球で出塁すると、
2番石水(4年・北筑)の打席で小畑が盗塁を決めます。
そのまま、打者石水。犠打に相手のミスも絡み無死一、三塁のチャンスを迎えます。
続く3番吉田(3年・嘉穂東)の中前二塁打により、一気に2点を先制します。

9回の攻撃。
8回に2点を追いつかれた北九大は、6番主将浦元(4年・唐津東)の右前安打で流れを呼び寄せます。
犠打、四球、に続き9番作本(4年・熊本西)のセーフティバントで一死満塁のチャンスです。
小畑が粘って四球を選び、押し出しで1点を追加。

サヨナラ勝ちでそのまま試合終了となりました。


本日の試合をもちまして、4年生は引退となります。
応援してくださった皆様、本当に有難うございました。
神宮出場とはなりませんでしたが、最後まで全力疾走、全力プレーで北九大らしい、
そして、4年生の思いが詰まった試合をすることができました!

今季のリーグ戦の悔しさをバネに、3年生以下の下級生たちで更にいいチームになるよう精進していきます。

このメンバーでの試合は終わりましたが、これからも北九大の野球は続いてきます。どうぞ応援よろしくお願いします。

3 コメント

西南大②

こんにちは。
1年生マネージャーの岩本です。

今日は北九州市民球場にて
リーグ戦第5週2日目第3試合が行われ
北九大は西南大と対戦しました。


北 000 009 010  | 10
西 000 100  010  | 2

(北)〇木谷、橋本伊ー本島、浦瀨
(西)●古川、中尾、岡村、笹川ー山下雄、町田


1点を追う6回の攻撃。
8番作本(4年・熊本西)が中前安打を放ち、攻めた走りで二塁まで出塁します。
続く、9番本島(4年・宮崎西)の投ゴロにミスが絡み作本を生還させ1点とします。

その後、犠打、四球、四球、内野ゴロと打線を繋ぎ一死満塁のチャンスです。
5番渡辺(4年・小倉東)の右前安打、6番吉田(3年・嘉穂東)の左越え安打。
一巡回って作本の左前安打、代打土田(1年・小倉)の右前二塁打、1番小畑(1年・海星)の右前二塁打と勢いのとまらない北九大の打撃で9点が入ります。

さらに8回、7番主将浦元(4年・唐津東)が内野安打で出塁します。
それを作本が犠打で送り、
6回裏の守備からはいった浦瀨(4年・小郡)が4年生の意地を見せるかのような右前安打で浦元を生還させ、10点目となりました。

最後まで流れを渡さず、試合終了となり、
10-2で勝利しました。


明日、5月22日(月)は5月20日(土)の西南学院大学との引き分け再試合が大谷球場にて行われます。

第1試合、10:00~試合開始です。


4年生の最後の試合となります。
最終まで勝利を目指す
北九大を応援宜しくお願いします!

平日の試合ではありますが
お時間のある方は是非球場に
お越しください!

2 コメント

久留米大②


こんにちは。
1年生マネージャーの岩本です。

今日は桧原球場にて
リーグ戦第4週2日目第2試合が行われ
北九大は久留米大と対戦しました。


北 000 001  010  | 2
久 030 000 20×  | 5

(北)●木谷、梅田、橋本伊、益田ー本島
(久)〇田中和ー安丸

北九大は2回に連打を浴び
3点を追う形となりました。

6回、1番稲毛(3年・北筑)が瞬足を活かし内野安打で出塁。
2番作本(4年・熊本西)の進塁打で二塁へ進み、
3番石水(4年・北筑)が中前適時打を放ち、その回2点差となります。

しかし7回に2点を追加され5-1となります。
8回の攻撃。
9番本島(4年・宮崎西)、
7回から一塁を守る中島(2年・久留米商業)の二者連続左前安打で無死一・二塁のチャンスをつくります。
そこから作本の犠打。
石水の犠牲フライで1点を返します。

しかしその後チャンスでの1本がでず
試合終了となりました。

今日は4年生が中心となる試合でしたが、
相手の勢いに押され惜敗しました。
来週はついに春季リーグ戦
最終週となります。


次の試合は5月20日(土)
北九州市民球場にて
西南大と試合です。
第1試合、9:00~試合開始です。


当日は北九大吹奏楽部の皆さんも
応援にきてくださいます。
是非球場におこしください!
沢山の応援宜しくお願いいたします!

3 コメント

久留米大①

こんにちは。
1年生マネージャーの岩本です。

今日は桧原球場にて
リーグ戦第4週1日目第3試合が行われ
北九大は久留米大と対戦しました。


久 020 000 000  | 2
北 000 000 000  | 0

(北)●木谷、橋本伊ー本島
(久)〇北村耀ー安丸



北九大は2回に2点を先制されます。

後攻の北九大。
何度かチャンスはつくるものの、
得点をものにすることはできずそのまま試合終了。



春のリーグ戦、早くも4週目となりました。
明日は気持ちを切り替えて
久留米戦に備えたいと思います!




次の試合は5月14日(日)
桧原球場にて
久留米大と試合です。
第2試合、11:30~開始予定です。


応援宜しくお願いします!

2 コメント

vs九州大④

こんにちは。
1年生マネージャーの岩本です。

今日は春日球場にて
リーグ戦第2週1日目第3試合の再々試合が行われ
北九大は九州大と対戦しました。


九 001 000 010  | 2
北 000 000 71×  | 8

(北)○橋本伊、早川ー本島
(九)●森田、松下、福田ー乘松



4月29日(土)の再々試合となりました。

北九大は3回に1点を先制されます。

7回、4番堀川和希(4年・宇土)が右前安打で出塁。
5番吉田(3年・嘉穂東)の犠打の際相手にミスが生じ一塁二塁をつくります。
続く6番小畑(1年・海星)の内野安打で無死満塁のチャンス。

7番山下廉太(1年・東筑)が中前安打を放ち、相手のミスも絡み二塁へ。
一気に2点を返します。
さらに9番本島(4年・宮崎西)、1番作本(4年・熊本西)の左前安打5点まで点を重ねます。

二死満塁、代打渡辺大稀(3年・小倉東)の中右間二塁打で全員を返し3点を追加。
この回、7得点とし、相手を引き離します。

8回に1点を許しますが、その裏駄目押しの追加点で8ー2。
北九大が勝利を飾りました。

再々試合と接戦続きでしたが、流れを繋ぐことができ大量得点となりました。

次の試合は5月6日(土)
春日球場にて
福岡大と試合です。
第2試合、11:30~開始予定です。


応援宜しくお願いします!

3 コメント
こんにちは。
3年生マネージャーの南です。

表彰式
12/9(土)に大丸天神エルガーラ・パサージュ広場にて、九州六大学・福岡六大学野球秋季リーグ戦合同表彰式が行われました。
北九大からは、
稲毛大和(3年・北筑)が敢闘賞、
上原隼人(2年・熊本学園大学付属)が首位打者と外野手のベストナイン、
堀川幸佑(1年・宇部商業)が遊撃手のベストナイン、
土田天洋(1年・小倉)が指名打者のベストナインを受賞しました。
また、徳永監督、OB理事の北島さん、OBの平田さん、木戸さんの4名が功労者表彰を受賞しました。

忘年会
12/10(日)の18時から小倉リーセントホテルにて、北九大硬式野球部の忘年会を行いました。
いつもお世話になっている同窓会、後援会、城野自動車学校、応援団、チアリーダー部の皆様など、たくさんの方々にご出席いただき、日頃の感謝を伝えることができました。

そして、12/10(日)の大掃除、忘年会をもちまして、2017年の北九大硬式野球部の全日程が終了いたしました。
たくさんの方々にお世話になり、今年1年間を無事終えることができました。
2018年も引き続き、変わらぬご声援のほど、よろしくお願いいたします。
こんにちは。
3年生マネージャーの南です。

表彰式
12/9(土)に大丸天神エルガーラ・パサージュ広場にて、九州六大学・福岡六大学野球秋季リーグ戦合同表彰式が行われました。
北九大からは、
稲毛大和(3年・北筑)が敢闘賞、
上原隼人(2年・熊本学園大学付属)が首位打者と外野手のベストナイン、
堀川幸佑(1年・宇部商業)が遊撃手のベストナイン、
土田天洋(1年・小倉)が指名打者のベストナインを受賞しました。
また、徳永監督、OB理事の北島さん、OBの木戸さん、平田さんの4名が功労者表彰を受賞しました。


忘年会
12/10(日)の18時から小倉リーセントホテルにて、北九大硬式野球部の忘年会を行いました。
いつもお世話になっている同窓会、後援会、城野自動車学校、応援団、チアリーダー部の皆様など、たくさんの方々にご出席いただき、日頃の感謝を伝えることができました。

そして、12/10(日)の大掃除、忘年会をもちまして、2017年の北九大硬式野球部の全日程が終了いたしました。
たくさんの方々にお世話になり、今年1年間を無事終えることができました。
2018年も引き続き、変わらぬご声援のほど、よろしくお願いいたします。
こんにちは。
3年生マネージャーの南です。

表彰式
12/9(土)に大丸天神エルガーラ・パサージュ広場にて、九州六大学・福岡六大学野球秋季リーグ戦合同表彰式が行われました。
北九大からは、
稲毛大和(3年・北筑)が敢闘賞、
上原隼人(2年・熊本学園大学付属)が首位打者と外野手のベストナイン、
堀川幸佑(1年・宇部商業)が遊撃手のベストナイン、
土田天洋(1年・小倉)が指名打者のベストナインを受賞しました。
また、徳永監督、OB理事の北島さん、OBの木戸さん、平田さんの4名が功労者表彰を受賞しました。


忘年会
12/10(日)の18時から小倉リーセントホテルにて、北九大硬式野球部の忘年会を行いました。
いつもお世話になっている同窓会、後援会、城野自動車学校、応援団、チアリーダー部の皆様など、たくさんの方々にご出席いただき、日頃の感謝を伝えることができました。

そして、12/10(日)の大掃除、忘年会をもちまして、2017年の北九大硬式野球部の全日程が終了いたしました。
たくさんの方々にお世話になり、今年1年間を無事終えることができました。
2018年も引き続き、変わらぬご声援のほど、よろしくお願いいたします。
こんにちは。
3年生マネージャーの南です。

表彰式
12/9(土)に大丸天神エルガーラ・パサージュ広場にて、九州六大学・福岡六大学野球秋季リーグ戦合同表彰式が行われました。
北九大からは、
稲毛大和(3年・北筑)が敢闘賞、
上原隼人(2年・熊本学園大学付属)が首位打者と外野手のベストナイン、
堀川幸佑(1年・宇部商業)が遊撃手のベストナイン、
土田天洋(1年・小倉)が指名打者のベストナインを受賞しました。
また、徳永監督、OB理事の北島さん、OBの木戸さん、平田さんの4名が功労者表彰を受賞しました。

忘年会
12/10(日)の18時から小倉リーセントホテルにて、北九大硬式野球部の忘年会を行いました。
いつもお世話になっている同窓会、後援会、城野自動車学校、応援団、チアリーダー部の皆様など、たくさんの方々にご出席いただき、日頃の感謝を伝えることができました。

そして、12/10(日)の大掃除、忘年会をもちまして、2017年の北九大硬式野球部の全日程が終了いたしました。
たくさんの方々にお世話になり、今年1年間を無事終えることができました。
2018年も引き続き、変わらぬご声援のほど、よろしくお願いいたします。

おはようございます。

1年生マネージャーの中村です。


今日は日の出グラウンドにて、

折尾愛真短期大学さんと対戦させて頂きました。


1試合目]


032 002 500    | 12

300 000 000    | 3


北九大は初回の裏に得点を与え、

3点を追う形となります。


2回の攻撃。

4番吉田(3年・嘉穂東)の左前安打で

出塁するとその後四球と続き

8番国信(3年・福岡)の右前得点打、

四球押し出しでこの回3得点とします。


3-3と同点に追いついた北九大。

3回の攻撃。

3番堀川(1年・宇部商業)が中前安打で出塁。

続く6番島原(1年・海星)、

7番渡辺(3年・小倉東)の右前得点打で2得点。

5-3となります。


更に6回の攻撃。

7番渡辺が二打席連続安打で出塁すると、

続く2番小畑(1年・海星)の

二塁得点打等で2得点。

この回、中押しの7-3です。


7回の攻撃。

9番山下柊(3年・福岡中央)の二塁得点打。

2番小畑の三塁得点打等で繋ぎ、

駄目押しの5得点とします。


そのまま試合終了となり、

結果は12-3で勝利しました。



2試合目]


【折】 300  000 010 | 3

【北】 001  332  20× | 11


初回に3点を入れられリードを許してしまいます。

しかし3回の北九大の攻撃。

相手のミスで走者3塁とすると5番仲野(3年・自由ヶ丘)が右前安打を放ち1点をいれます。


すると流れを掴んだ北九大は4回には7番秋好(2年・八幡)が中前安打で出塁すると9番中山(1年・久留米)の右越3塁打、1番田中聖(1年・防府)の中前2塁打で3点を入れ逆転に成功します。


5回の北九大の攻撃。4番堀(1年・小倉)が中前安打を放ちます。すると続く打者が相手のミスを誘い無死1.2塁とします。6番海本(1年・大教大天王寺)が右中間越を放ち1点を、

続く打者の犠飛と8番玉井(2年・広島観音)の左前安打での2点を入れ、この回またもや3点を入れます。


6回の北九大の攻撃。

相手のミスで無死1.2塁の場面で3番堀川が

中前安打放ち、2得点をものにします。


勢いが止まらない7回の北九大の攻撃。

途中出場の9番下薗(3年・鞍手)が右前安打で出塁。続く打者が四球で二死1.2塁。すると代打松添(1年・長崎北陽台)の左越2塁打で2点を入れ、11-3と勝利をおさめました。



野手陣はどちらの試合も多く安打を放ち、内容、結果共に良い試合になったと思います。

投手陣では2試合ともに初回に先制されてしまったので、今後は立ち上がりをしっかりと抑えるということを克服するべく練習に励みたいと思います。

応援の程、よろしくお願い致します!


おはようございます。

1年生マネージャーの中村です。


今日は日の出グラウンドにて、

折尾愛真短期大学さんと対戦させて頂きました。


1試合目]


032 002 500    | 12

300 000 000    | 3


北九大は初回の裏に得点を与え、

3点を追う形となります。


2回の攻撃。

4番吉田(3年・嘉穂東)の左前安打で

出塁するとその後四球と続き

8番国信(3年・福岡)の右前得点打、

四球押し出しでこの回3得点とします。


3-3と同点に追いついた北九大。

3回の攻撃。

3番堀川(1年・宇部商業)が中前安打で出塁。

続く6番島原(1年・海星)、

7番渡辺(3年・小倉東)の右前得点打で2得点。

5-3となります。


更に6回の攻撃。

7番渡辺が二打席連続安打で出塁すると、

続く2番小畑(1年・海星)の

二塁得点打等で2得点。

この回、中押しの7-3です。


7回の攻撃。

9番山下柊(3年・福岡中央)の二塁得点打。

2番小畑の三塁得点打等で繋ぎ、

駄目押しの5得点とします。


そのまま試合終了となり、

結果は12-3で勝利しました。



2試合目]


【折】 300  000 010 | 3

【北】 001  332  20× | 11


初回に3点を入れられリードを許してしまいます。

しかし3回の北九大の攻撃。

相手のミスで走者3塁とすると5番仲野(3年・自由ヶ丘)が右前安打を放ち1点をいれます。


すると流れを掴んだ北九大は4回には7番秋好(2年・八幡)が中前安打で出塁すると9番中山(1年・久留米)の右越3塁打、1番田中聖(1年・防府)の中前2塁打で3点を入れ逆転に成功します。


5回の北九大の攻撃。4番堀(1年・小倉)が中前安打を放ちます。すると続く打者が相手のミスを誘い無死1.2塁とします。6番海本(1年・大教大天王寺)が右中間越を放ち1点を、

続く打者の犠飛と8番玉井(2年・広島観音)の左前安打での2点を入れ、この回またもや3点を入れます。


6回の北九大の攻撃。

相手のミスで無死1.2塁の場面で3番堀川が

中前安打放ち、2得点をものにします。


勢いが止まらない7回の北九大の攻撃。

途中出場の9番下薗(3年・鞍手)が右前安打で出塁。続く打者が四球で二死1.2塁。すると代打松添(1年・長崎北陽台)の左越2塁打で2点を入れ、11-3と勝利をおさめました。



野手陣はどちらの試合も多く安打を放ち、内容、結果共に良い試合になったと思います。

投手陣では2試合ともに初回に先制されてしまったので、今後は立ち上がりをしっかりと抑えるということを克服するべく練習に励みたいと思います。

応援の程、よろしくお願い致します!


VS西日本工業大学


こんにちは。

2年生マネージャーの岩本です!


今日は西工大グラウンドにて、

vs西日本工業大学Wをさせて頂きました。



【一試合目】


200 011 002 | 6

西 200 112 01×  | 7


一試合目。

初回の攻撃、一死一塁をつくると

3番橋本啓(3年・小倉東)の中前安打、

4番尾辻(3年・中間)の左前安打に加え相手のミスも絡み2点を先制。

3年生を中心に試合の流れをつくります。


その後、両者点の奪い合いのまま最終回へ、3点を追う北九大。

二死二塁の場面で代打に指名された

主将の上原(3年・熊本大府)は擦打で粘り、

中越二塁打を放つとここで1点を返します。

続いて代打の徳島(1年・下関中等)の打球に相手のミスも絡み更に1点を重ね、一点差に迫ります。勢いのある北九大でしたが最後は邪飛球を捕球され三死目。

惜しくも6-7で試合終了となりました。



 【二試合目】


西 110 003 000  | 5

010 001 31×   | 6


二試合目。

7回まで3点を追う北九大の攻撃は一死二塁。

4番中島(3年・久留米商)、

5番深村(3年・鹿島)と左前安打で続き1点を追加、また一死二、三塁をつくります。

更に7番北里(3年・東筑)の内野安打でミスも絡みますが走者生還。同点に迫ります。


8回の攻撃。

二死から2番嶋屋(3年・小倉西)が

内野安打で出塁すると、

本日四安打目となる上原の右超二塁打で

一気に生還し逆転。

9回を無失点に抑え5-6で試合終了です。





今回は三年生全員がベンチ入りし、

両試合とも最後まで諦めることなく、

熱気のある雰囲気で戦いました。

どんな形でも繋いでいく、熱く強い気持ちを全面に出した、北九大の目指す野球をみることができたとおもいます。

新チームになって1ヶ月が経ちましたが

練習に対する気合いも十分あり、活気に溢れていますので、上原主将を筆頭に今後も精進してまいります!


0 コメント

西日本工業大学

こんにちは!

3年生マネージャーの遠藤です。


本日は西日本工業大学と

2試合させて頂きました。


1試合目]


100 100 010 | 3

西 210 010 00× |4


初回、北九大は先頭の

早川(3年・津山高専)が

相手の捕逸で出塁すると

新チームで主将になった

上原(3年・熊本学園大学付属)が

左前安打で1点を入れます。


しかし西工大が初回に2点、

2回に1点入れ、1-3となります。


4回に相手のミスが絡み

1点を返すものの2-3

5回には相手にもう1点を入れられ

2-4と離されます。


しかし

8回の攻撃、相手のミスを逃さず

1点を入れ、3-4となりました。

ですが、このまま試合終了。

結果は3-4と惜しくも悔しい

試合結果となりました。


[2試合目]


西 012 201 000 |6

003 000 012 |6


1試合目の敗北を踏まえて

臨んだ2試合目は

2回に1

3回・4回に2点ずつを

入れられる試合となりましたが、

3年生を中心とした野手が投手を

支えようと奮闘し、この試合で

安打が10本という結果でした。


その中でも3回に尾辻(3年・中間)、

9回に上原(3年・熊本学園大学付属)が

本塁打を打つなど最上級生としての

自覚のある見事なプレーをし、チームを

引っ張ってくれました。


結果は6-6と引き分けに終わりましたが、

本日の2試合を終えてみて、

攻守共に多くの課題を見出すことが出来ました。


新チームの目標は「凡事徹底」です。

まだまだ未熟ですが、主将上原を筆頭に

北九大らしい、応援したくなるような、

そんなチームを目指して頑張っていきます。


どうぞこれからも

北九大の応援をよろしくお願いいたします。



なお、616日(土)にも西日本工業大学と

試合を西工大グラウンドにて予定しております。

是非お時間の許す方は応援のほど

よろしくお願いいたします。



VS九州大②

こんにちは。

2年生マネージャーの中村です。


本日は春季リーグ戦第52日目の日程が行われ、九州大学と対戦しました。


結果は以下の通りです。


(北)010  020  323 | 11

(九)000  001  001 |  2


(九)松下、渡口、岡-築城

(北)豊村、岡本、松岡、大森、益田-井本、河野一


両者1回からチャンスを作りますが点をものにすることができません。


しかし2回の表、北九大の攻撃。

二死から7番堀川(2年・宇部商業)の左前安打で出塁すると、続く8番井本(4年・育徳館)の左中越二塁打で、走者を生還させ1点の先制に成功します。


さらに5回には、相手のミスや四球により2点を追加、3-0とします。


今日の先発を任されたのは豊村(1年・清峰)。先発を何度も経験しリーグ戦に慣れてきたのか、落ち着いたピッチングを見せ、5回まで1安打と素晴らしいピッチングを見せ、自分の役目をきっちり果たします。


6回に1点を入れられ3-1とされますが、そこから北九大の打線が止まりません。


7回の表、北九大の攻撃。

一死1.2塁としたところで、本日好調の8番井本が左越二塁打を放ち2点を入れます。続く打者稲毛(4年・北筑)が綺麗な犠打を決め、走者を3塁へと進めます。すると途中出場の山下廉太(2年・東筑)の右前適時打で

さらにもう1点を追加し、5-1と差を広げます。


8回には、相手のミスで出塁した土田(2年・小倉)に変わって下薗(4年・鞍手)が代走ででると、5番島原(2年・海星)と6番吉田(嘉穂東)の連打を放ち、2点をものにします。


8回の裏、松岡(4年・大村工業)や大森(4年・育徳館)の4年生が継投をすると、好投な投球姿に、チームが一気に盛り上がります。


その勢いのまま、9回の表、北九大の攻撃。

先頭打者稲毛の大きな左中越三塁打を放つと、ここで代打、嶋屋(3年・小倉西)。みんなの期待に応えるかのように、これまた左中越三塁打でさらに2点の追加に成功します。途中代打で起用されていた3番亀谷(4年・岩国)の犠飛により先程三塁打を放った嶋屋が生還に成功し、さらに1点を追加したところで試合終了。

11-2という大差で勝利を収めました。



本日をもちまして、リーグ戦全日程が終了したため、4年生は引退となりました。今日の試合は明るさ持ち味の4年生を中心に活躍し、多くの盛り上がる場面を作ってくれ、チームを勝利へと導いてくれました。4年生の偉大さを知ることのできる、そんな試合でした。

新チームになってからも、4年生方の築き上げてこられたものを忘れず、新チームのいい味を出しながら、頑張っていこうと思います。これかも北九大野球部をよろしくお願いします!


北九大は平成30年度春季リーグ戦の全日程が終了しましたが、雨天のため本日の第2.3試合が明日へ延期となったため、順位や成績等はまだ確定しておりません。そのため後日お知らせ致します。

3 コメント

VS九州大①

こんにちは。
一年生マネージャーの山口です!

今日は久留米球場にて
H30年春季リーグ戦 第5週1日目が行われ
北九大は九州大学と対戦しました。

九 100  000 000 | 1
北 000  110  10× | 3

(北)○橋本伊、岡本、益田ー井本、河野一
(九)●岡ー築城

一点を追う4回の攻撃、二死からの4番土田(2年・小倉)のホームランで同点に追いつきます。
その後、6回の守備、一死満塁のピンチを迎えますが、投手の岡本(2年・自由が丘)が打たせる熱いピッチングでピンチをしのぎました。
その回の攻撃、二死三塁となり、9番稲毛(4年・北筑)の想いのこもった一振りの三塁打で、走者を生還します。
さらに、7回の攻撃では、代打で登場した主将渡辺(4年・小倉東)が、チーム全員の想いを背負い振り抜き、中前安打を放ちます。
その後、犠打、四球とつなぎ、一死一・二塁とチャンスをつくると、またも代打で登場した島原(2年・海星)の左越二塁打で、渡辺を生還させます。

先発の橋本伊(3年・必由館)は今季初勝利を挙げ、続く岡本、益田(2年・嘉穂)も打者を抑え、チームを3勝目へと導きました!

残り1試合となり、4年生と共に戦う時間はわずかとなりましたが、残り1秒まで諦めず、1つ1つを丁寧に全力疾走で勝ちにいきます!!
そして、4年生にとってはこの4年間積み重ねてきた思い、努力、全てをぶつける時間です。最後の最後まで悔いのない試合になるよう、北九州市立大学野球部全員で一丸となり戦っていきます!

明日の日程は、
5/13(日) vs九州大学
久留米球場にて9:00~試合開始となっております。
応援の程よろしくお願い致します!
1 コメント

VS九国大②

こんにちは。

2年生マネージャーの中村です。


本日は雨天のため延期となった春季リーグ戦第42日目の日程が行われ、九州国際大学と対戦しました。


結果は以下の通りです。


(九)000  001  0 | 1

(北)000  102  × | 3×


(九)山本晃、江口-村田、奥田

(北)豊村、橋本伊、大田、梅田、松島、益田 -井本


今日の先発投手を任されたのは豊村(1年・清峰)。初回から安打を浴びるも無得点に抑え好投な立ち上がりを見せます。


試合が動いたのは4回の裏、北九大の攻撃。

4番土田(2年・小倉)が四球を選ぶと、続く早川(3年・津山工業高等専門学校)の内野安打で二死1.2塁。すると6番吉田(4年・嘉穂東)の左前安打で2塁走者生還。1点を先制します。


しかし6回の表、九国大の攻撃。

先頭打者を四球で出塁させると、続く打者の犠打で2塁。継投でピンチを切り抜けたいところですが、続く2人の打者にも四球を与えてしまい、死満塁とされます。ここでマウンドを託されたのは益田(2年・嘉穂)。緊張もあったのか、暴投という思わぬ形で1点を入れられてしまいます。しかしここで集中力を切らさなかった益田は2者連続左フライで打ち取り、このピンチを最小失点の1点でしのぎます。


益田のピッチングに応えようと、その裏、北九大の攻撃。

先頭打者上原(3年・熊本学園大学付属)が四球で出塁。続く打者の犠打と盗塁で一死3塁。本日好調の5番早川の内野安打で1点を追加。流れを掴んだ北九大は7番堀川(2年・宇部商業)の右前適時打でさらにもう1点。この回2点を入れ、3-1とリードします。


試合開始から降り続いていた雨がさらに強くなり、雨天のため7回コールド。3-1で勝利しました。


コンディションの悪い中、なんとか掴み取った今季2勝目。投手野手ともに助け合い、また雨の中応援に来てくださった保護者の方々、傘もささず全力で応援をしていたスタンドの選手たちや応援団の方と、チーム一丸となって掴み取った勝利です。この流れに乗り、あと2試合を2勝という形で締めくくりたいと思います。


5週目は久留米球場にて


512日(土)第2試合 11:30~開始予定

513日(日)第1試合  9:00~開始


九州大学との試合を予定しております。


お時間の許す方は是非球場まで足を運んでいただき、応援のほどよろしくお願いします!


5 コメント

おはようございます。

1年生マネージャーの中村です。


今日は日の出グラウンドにて、

折尾愛真短期大学さんと対戦させて頂きました。


1試合目]


032 002 500    | 12

300 000 000    | 3


北九大は初回の裏に得点を与え、

3点を追う形となります。


2回の攻撃。

4番吉田(3年・嘉穂東)の左前安打で

出塁するとその後四球と続き

8番国信(3年・福岡)の右前得点打、

四球押し出しでこの回3得点とします。


3-3と同点に追いついた北九大。

3回の攻撃。

3番堀川(1年・宇部商業)が中前安打で出塁。

続く6番島原(1年・海星)、

7番渡辺(3年・小倉東)の右前得点打で2得点。

5-3となります。


更に6回の攻撃。

7番渡辺が二打席連続安打で出塁すると、

続く2番小畑(1年・海星)の

二塁得点打等で2得点。

この回、中押しの7-3です。


7回の攻撃。

9番山下柊(3年・福岡中央)の二塁得点打。

2番小畑の三塁得点打等で繋ぎ、

駄目押しの5得点とします。


そのまま試合終了となり、

結果は12-3で勝利しました。



2試合目]


【折】 300  000 010 | 3

【北】 001  332  20× | 11


初回に3点を入れられリードを許してしまいます。

しかし3回の北九大の攻撃。

相手のミスで走者3塁とすると5番仲野(3年・自由ヶ丘)が右前安打を放ち1点をいれます。


すると流れを掴んだ北九大は4回には7番秋好(2年・八幡)が中前安打で出塁すると9番中山(1年・久留米)の右越3塁打、1番田中聖(1年・防府)の中前2塁打で3点を入れ逆転に成功します。


5回の北九大の攻撃。4番堀(1年・小倉)が中前安打を放ちます。すると続く打者が相手のミスを誘い無死1.2塁とします。6番海本(1年・大教大天王寺)が右中間越を放ち1点を、

続く打者の犠飛と8番玉井(2年・広島観音)の左前安打での2点を入れ、この回またもや3点を入れます。


6回の北九大の攻撃。

相手のミスで無死1.2塁の場面で3番堀川が

中前安打放ち、2得点をものにします。


勢いが止まらない7回の北九大の攻撃。

途中出場の9番下薗(3年・鞍手)が右前安打で出塁。続く打者が四球で二死1.2塁。すると代打松添(1年・長崎北陽台)の左越2塁打で2点を入れ、11-3と勝利をおさめました。



野手陣はどちらの試合も多く安打を放ち、内容、結果共に良い試合になったと思います。

投手陣では2試合ともに初回に先制されてしまったので、今後は立ち上がりをしっかりと抑えるということを克服するべく練習に励みたいと思います。

応援の程、よろしくお願い致します!


おはようございます。

1年生マネージャーの中村です。


今日は日の出グラウンドにて、

折尾愛真短期大学さんと対戦させて頂きました。


1試合目]


032 002 500    | 12

300 000 000    | 3


北九大は初回の裏に得点を与え、

3点を追う形となります。


2回の攻撃。

4番吉田(3年・嘉穂東)の左前安打で

出塁するとその後四球と続き

8番国信(3年・福岡)の右前得点打、

四球押し出しでこの回3得点とします。


3-3と同点に追いついた北九大。

3回の攻撃。

3番堀川(1年・宇部商業)が中前安打で出塁。

続く6番島原(1年・海星)、

7番渡辺(3年・小倉東)の右前得点打で2得点。

5-3となります。


更に6回の攻撃。

7番渡辺が二打席連続安打で出塁すると、

続く2番小畑(1年・海星)の

二塁得点打等で2得点。

この回、中押しの7-3です。


7回の攻撃。

9番山下柊(3年・福岡中央)の二塁得点打。

2番小畑の三塁得点打等で繋ぎ、

駄目押しの5得点とします。


そのまま試合終了となり、

結果は12-3で勝利しました。



2試合目]


【折】 300  000 010 | 3

【北】 001  332  20× | 11


初回に3点を入れられリードを許してしまいます。

しかし3回の北九大の攻撃。

相手のミスで走者3塁とすると5番仲野(3年・自由ヶ丘)が右前安打を放ち1点をいれます。


すると流れを掴んだ北九大は4回には7番秋好(2年・八幡)が中前安打で出塁すると9番中山(1年・久留米)の右越3塁打、1番田中聖(1年・防府)の中前2塁打で3点を入れ逆転に成功します。


5回の北九大の攻撃。4番堀(1年・小倉)が中前安打を放ちます。すると続く打者が相手のミスを誘い無死1.2塁とします。6番海本(1年・大教大天王寺)が右中間越を放ち1点を、

続く打者の犠飛と8番玉井(2年・広島観音)の左前安打での2点を入れ、この回またもや3点を入れます。


6回の北九大の攻撃。

相手のミスで無死1.2塁の場面で3番堀川が

中前安打放ち、2得点をものにします。


勢いが止まらない7回の北九大の攻撃。

途中出場の9番下薗(3年・鞍手)が右前安打で出塁。続く打者が四球で二死1.2塁。すると代打松添(1年・長崎北陽台)の左越2塁打で2点を入れ、11-3と勝利をおさめました。



野手陣はどちらの試合も多く安打を放ち、内容、結果共に良い試合になったと思います。

投手陣では2試合ともに初回に先制されてしまったので、今後は立ち上がりをしっかりと抑えるということを克服するべく練習に励みたいと思います。

応援の程、よろしくお願い致します!


こんにちは!
3年生マネージャーの東園です。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年も北九州市立大学硬式野球部をどうぞよろしくお願いいたします。

さて、先日2月17日(土)にリーガロイヤルホテル小倉にて、
「4年生を送る会」を開催し、引退された4年生の門出をお祝いしました。

昨年度の秋季リーグ戦優勝に導いてくださった先輩方が卒業されるのはとても悲しいです。
在校生も先輩方が築き上げてきたものを引き継ぎ、2ヶ月後に開幕します春季リーグ戦で再び優勝できるよう、努力しようと思いを新たにできた良い会となりました。

先日、春季リーグ戦の日程が正式に確定しました。本日当ホームページにも掲載しておりますのでぜひご覧ください。

こんにちは!
3年生マネージャーの東園です。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年も北九州市立大学硬式野球部をどうぞよろしくお願いいたします。

さて、先日2月17日(土)にリーガロイヤルホテル小倉にて、
「4年生を送る会」を開催し、引退された4年生の門出をお祝いしました。

昨年度の秋季リーグ戦優勝に導いてくださった先輩方が卒業されるのはとても悲しいです。
在校生も先輩方が築き上げてきたものを引き継ぎ、2ヶ月後に開幕します春季リーグ戦で再び優勝できるよう、努力しようと思いを新たにできた良い会となりました。

先日、春季リーグ戦の日程が正式に確定しました。本日当ホームページにも掲載しておりますのでぜひご覧ください。

こんにちは!
3年生マネージャーの東園です。

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年も北九州市立大学硬式野球部をどうぞよろしくお願いいたします。

さて、先日2月17日(土)にリーガロイヤルホテル小倉にて、
「4年生を送る会」を開催し、引退された4年生の門出をお祝いしました。

昨年度の秋季リーグ戦優勝に導いてくださった先輩方が卒業されるのはとても悲しいです。
在校生も先輩方が築き上げてきたものを引き継ぎ、2ヶ月後に開幕します春季リーグ戦で再び優勝できるよう、努力しようと思いを新たにできた良い会となりました。

先日、春季リーグ戦の日程が正式に確定しました。当ホームページにも掲載しておりますのでぜひご覧ください。

こんにちは。
新4年生マネージャーの東園です。

今日で宮崎キャンプは9日目となりました。
9日から12日までの4日間、オープン戦を行いましたので、結果をご報告させていただきます。
※8日に予定されていました折尾愛真短期大との試合は雨天のため中止となりました。

3月9日(金) vs中央大S

北 100 000 100|2
中 227 010 02×|14

初回に土田(新2年・小倉)の適時打で1点、7回に内野ゴロの間に1点を奪うものの、中央大学さんの切れ目のない打線で大量得点を許し、完敗しました。


3月10日(土) vs横浜商科大S

横 000 011 010    | 3
北 000 500 00×   | 5

4回の攻撃。
4番からの打線は繋がり、打者は
7番仲野(新4年・自由ヶ丘)。
熱い一打が伸び、ライト線へ。2人を生還させます。
続いて9番若杉(新2年・長崎南山)が左越二塁打、更に1番稲毛(新4年・北筑)の中越三塁打で一気に5得点とし、勝利しました。


3月11日(日)vs高千穂大W

第1試合
高 000 010 000 | 1
北 010 000 30× | 4

試合が動いたのは7回。先頭打者若杉(新2年・長崎南山)が左中間へ三塁打を放ちます。
その後安打が続き一挙3点を奪い、北九大が逃げ切る形での勝利となりました。


第2試合
北 001 113 000 | 6
高 010 002 000 | 3

2回に先制点を許しますが、すぐに取り返す北九大。6回、代打下薗(新4年・鞍手)の右越二塁打などでこの回3得点を奪い相手を引き離します。
この試合12安打を記録し、キャンプでの練習の成果を実感しました。


3月12日(月) vs宮崎産業経営大S

宮 | 400 000 000 | 4
北 | 031  160 30x | 14

北九大の投手陣は立ち上がり不安定でしたが、2回以降は吉田(新4年・嘉穂東)、山下廉太(新2年・東筑)をはじめ味方打線の援護もあり復調しました。
打線は繋がりがあり、4点を先制されても、十分に跳ね返すことができました。


4日連続での試合ではありましたが、キャンプの成果が存分に発揮できたのではないかと思います。リーグ戦まで残り1ヶ月ほどですが、関東遠征やオープン戦を経てチームとして更なるレベルアップを図っていきたいと思います。


また、この土日では
遠方から沢山の方々に球場まで足を運んでいただきました。
その中で、良い雰囲気でチーム一丸となり試合に臨めたことを嬉しく思います。
皆様本当にありがとうございました!
こんにちは。
新4年生マネージャーの東園です。

今日で宮崎キャンプは9日目となりました。
9日から12日までの4日間、オープン戦を行いましたので、結果をご報告させていただきます。

3月9日(金) vs中央大S

北 100 000 100|2
中 227 010 02×|14

初回に土田(新2年・小倉)の適時打で1点、7回に内野ゴロの間に1点を奪うものの、中央大学さんの切れ目のない打線で大量得点を許し、完敗しました。


3月10日(土) vs横浜商科大S

横 000 011 010    | 3
北 000 500 00×   | 5

4回の攻撃。
4番からの打線は繋がり、打者は
7番仲野(新4年・自由ヶ丘)。
熱い一打が伸び、ライト線へ。2人を生還させます。
続いて9番若杉(新2年・長崎南山)が左越二塁打、更に1番稲毛(新4年・北筑)の中越三塁打で一気に5得点とし、勝利しました。


3月11日(日) vs高千穂大W

第1試合
高 000 010 000 | 1
北 010 000 30× | 4

試合が動いたのは7回。先頭打者若杉(新2年・長崎南山)が左中間へ三塁打を放ちます。
その後安打が続き一挙3点を奪い、北九大が逃げ切る形での勝利となりました。


第2試合
北 001 113 000 | 6
高 010 002 000 | 3

2回に先制点を許しますが、すぐに取り返す北九大。6回、代打下薗(新4年・鞍手)の右越二塁打などでこの回3得点を奪い相手を引き離します。
この試合12安打を記録し、キャンプでの練習の成果を実感しました。


3月12日(月) vs宮崎産業経営大S

宮 | 400 000 000 | 4
北 | 031  160 30x | 14

北九大の投手陣は立ち上がり不安定でしたが、2回以降は吉田(新4年・嘉穂東)、山下廉太(新2年・東筑)をはじめ味方打線の援護もあり復調しました。
打線は繋がりがあり、4点を先制されても、十分に跳ね返すことができました。


4日連続での試合ではありましたが、キャンプの成果が存分に発揮できたのではないかと思います。リーグ戦まで残り1ヶ月ほどですが、関東遠征やオープン戦を経てチームとして更なるレベルアップを図っていきたいと思います。

また、この土日では
遠方から沢山の方々に球場まで足を運んでいただきました。
その中で、良い雰囲気でチーム一丸となり試合に臨めたことを嬉しく思います。
皆様本当にありがとうございました!
こんにちは。
新4年生マネージャーの東園です。

今日で宮崎キャンプは9日目となりました。
9日から12日までの4日間、オープン戦を行いましたので、結果をご報告させていただきます。

3月9日(金) vs中央大S

北 100 000 100|2
中 227 010 02×|14

初回に土田(新2年・小倉)の適時打で1点、7回に内野ゴロの間に1点を奪うものの、中央大学さんの切れ目のない打線で大量得点を許し、完敗しました。


3月10日(土) vs横浜商科大S

横 000 011 010    | 3
北 000 500 00×   | 5

4回の攻撃。
4番からの打線は繋がり、打者は
7番仲野(新4年・自由ヶ丘)。
熱い一打が伸び、ライト線へ。2人を生還させます。
続いて9番若杉(新2年・長崎南山)が左越二塁打、更に1番稲毛(新4年・北筑)の中越三塁打で一気に5得点とし、勝利しました。


3月11日(日) vs高千穂大W

第1試合
高 000 010 000 | 1
北 010 000 30× | 4

試合が動いたのは7回。先頭打者若杉(新2年・長崎南山)が左中間へ三塁打を放ちます。
その後安打が続き一挙3点を奪い、北九大が逃げ切る形での勝利となりました。


第2試合
北 001 113 000 | 6
高 010 002 000 | 3

2回に先制点を許しますが、すぐに取り返す北九大。6回、代打下薗(新4年・鞍手)の右越二塁打などでこの回3得点を奪い相手を引き離します。
この試合12安打を記録し、キャンプでの練習の成果を実感しました。


3月12日(月) vs宮崎産業経営大S

宮 | 400 000 000 | 4
北 | 031  160 30x | 14

北九大の投手陣は立ち上がり不安定でしたが、2回以降は吉田(新4年・嘉穂東)、山下廉太(新2年・東筑)をはじめ味方打線の援護もあり復調しました。
打線は繋がりがあり、4点を先制されても、十分に跳ね返すことができました。


4日連続での試合ではありましたが、キャンプの成果が存分に発揮できたのではないかと思います。リーグ戦まで残り1ヶ月ほどですが、関東遠征やオープン戦を経てチームとして更なるレベルアップを図っていきたいと思います。

また、この土日では
遠方から沢山の方々に球場まで足を運んでいただきました。
その中で、良い雰囲気でチーム一丸となり試合に臨めたことを嬉しく思います。
皆様本当にありがとうございました!

こんにちは!

新4年生マネージャーの東園です。


昨日は、東亜大学さんとのオープン戦を行いました。


第1試合

010 010 002 | 4

東 301 003 00× | 7


北九大は初回に3点、3回に1点、6回に3点を奪われ、7-2と大幅にリードを広げられます。

1点でも多く返したい北九大は9回の表、先頭打者が相手野手のミスにより出塁します。ここで7番若杉(新2年・長崎南山)が左前安打で無死1、2塁。

続く打者田中聖弥(新2年・防府)も右前安打を放ち、1点を返します。

その後、内野ゴロの間に走者が生還しこの回2得点。粘りたい北九大でしたが、かなわず試合終了。4-7で敗れました。



第2試合

004 420 002 | 12

北 501 403 00× | 13


1回の裏、北九大の攻撃。

先頭打者田中聖弥が右前安打で出塁、盗塁を決めます。

その後相手野手の野選や投手の四球により、押し出しで1点先制します。

未だ無死満塁のチャンス。バッターは名城(新2年・宮崎南)。

右前適時打により走者が生還します。

さらに、7番山下廉太(新2年・東筑)の犠飛で1点、主将渡辺(新4年・小倉東)の左越二塁打で2点追加。この回一挙5点を奪いました。

しかしこの後、東亜大の猛追に一時10-10の同点となりましたが、6回に3点を追加。9回に1点差まで詰められますが、なんとか逃げ切り試合終了。

12-13で勝利しました。


昨日の試合では連日の疲れが残っているのか、野手の失策が多く目立ちました。

この連戦で、リーグ戦を戦い抜く体力を身につけていきたいと思います。

こんにちは!
新4年生マネージャーの東園です。

今日は、東亜大学さんとのオープン戦を行いました。

第1試合
北 ‭‭010 010 002‬‬ | 4
東 301 003 00× | 7

北九大は初回に3点、3回に1点、6回に3点を奪われ、7-2と大幅にリードを広げられます。
1点でも多く返したい北九大は9回の表、先頭打者が相手野手のミスにより出塁します。ここで7番若杉(新2年・長崎南山)が左前安打で無死1、2塁。
続く打者田中聖弥(新2年・防府)も右前安打を放ち、1点を返します。
その後、内野ゴロの間に走者が生還しこの回2得点。粘りたい北九大でしたが、かなわず試合終了。4-7で敗れました。


第2試合
東 ‭‭004 420 002‬‬ | 12
北 501 403 00× | 13

1回の裏、北九大の攻撃。
先頭打者田中聖弥が右前安打で出塁、盗塁を決めます。
その後相手野手の野選や投手の四球により、押し出しで1点先制します。
未だ無死満塁のチャンス。バッターは名城(新2年・宮崎南)。
右前適時打により走者が生還します。
さらに、7番山下廉太(新2年・東筑)の犠飛で1点、主将渡辺(新4年・小倉東)の左越二塁打で2点追加。この回一挙5点を奪いました。
しかしこの後、東亜大の猛追に一時10-10の同点となりましたが、6回に3点を追加。9回に1点差まで詰められますが、なんとか逃げ切り試合終了。
12-13で勝利しました。

今日の試合では連日の疲れが残っているのか、野手の失策が多く目立ちました。
この連戦で、リーグ戦を戦い抜く体力を身につけていきたいと思います。
こんにちは!
新4年生マネージャーの東園です。

今日は、東亜大学さんとのオープン戦を行いました。

第1試合
北 ‭‭010 010 002‬‬ | 4
東 301 003 00× | 7

北九大は初回に3点、3回に1点、6回に3点を奪われ、7-2と大幅にリードを広げられます。
1点でも多く返したい北九大は9回の表、先頭打者が相手野手のミスにより出塁します。ここで7番若杉(新2年・長崎南山)が左前安打で無死1、2塁。
続く打者田中聖弥(新2年・防府)も右前安打を放ち、1点を返します。
その後、内野ゴロの間に走者が生還しこの回2得点。粘りたい北九大でしたが、かなわず試合終了。4-7で敗れました。


第2試合
東 ‭‭004 420 002‬‬ | 12
北 501 403 00× | 13

1回の裏、北九大の攻撃。
先頭打者田中聖弥が右前安打で出塁、盗塁を決めます。
その後相手野手の野選や投手の四球により、押し出しで1点先制します。
未だ無死満塁のチャンス。バッターは名城(新2年・宮崎南)。
右前適時打により走者が生還します。
さらに、7番山下廉太(新2年・東筑)の犠飛で1点、主将渡辺(新4年・小倉東)の左越二塁打で2点追加。この回一挙5点を奪いました。
しかしこの後、東亜大の猛追に一時10-10の同点となりましたが、6回に3点を追加。9回に1点差まで詰められますが、なんとか逃げ切り試合終了。
12-13で勝利しました。

今日の試合では連日の疲れが残っているのか、野手の失策が多く目立ちました。
この連戦で、リーグ戦を戦い抜く体力を身につけていきたいと思います。
こんにちは!
新4年生マネージャーの東園です。

今日は、東亜大学さんとのオープン戦を行いました。

第1試合
北 ‭‭010 010 002‬‬ | 4
東 301 003 00× | 7

北九大は初回に3点、3回に1点、6回に3点を奪われ、7-2と大幅にリードを広げられます。
1点でも多く返したい北九大は9回の表、先頭打者が相手野手のミスにより出塁します。ここで7番若杉(新2年・長崎南山)が左前安打で無死1、2塁。
続く打者田中聖弥(新2年・防府)も右前安打を放ち、1点を返します。
その後、内野ゴロの間に走者が生還しこの回2得点。粘りたい北九大でしたが、かなわず試合終了。4-7で敗れました。


第2試合
東 ‭‭004 420 002‬‬ | 12
北 501 403 00× | 13

1回の裏、北九大の攻撃。
先頭打者田中聖弥が右前安打で出塁、盗塁を決めます。
その後相手野手の野選や投手の四球により、押し出しで1点先制します。
未だ無死満塁のチャンス。バッターは名城(新2年・宮崎南)。
右前適時打により走者が生還します。
さらに、7番山下廉太(新2年・東筑)の犠飛で1点、主将渡辺(新4年・小倉東)の左越二塁打で2点追加。この回一挙5点を奪いました。
しかしこの後、東亜大の猛追に一時10-10の同点となりましたが、6回に3点を追加。9回に1点差まで詰められますが、なんとか逃げ切り試合終了。
12-13で勝利しました。

今日の試合では連日の疲れが残っているのか、野手の失策が多く目立ちました。
この連戦で、リーグ戦を戦い抜く体力を身につけていきたいと思います。
こんにちは!
新4年生マネージャーの東園です。

今日は、東亜大学さんとのオープン戦を行いました。

第1試合
北 ‭‭010 010 002‬‬ | 4
東 301 003 00× | 7

北九大は初回に3点、3回に1点、6回に3点を奪われ、7-2と大幅にリードを広げられます。
1点でも多く返したい北九大は9回の表、先頭打者が相手野手のミスにより出塁します。ここで7番若杉(新2年・長崎南山)が左前安打で無死1、2塁。
続く打者田中聖弥(新2年・防府)も右前安打を放ち、1点を返します。
その後、内野ゴロの間に走者が生還しこの回2得点。粘りたい北九大でしたが、かなわず試合終了。4-7で敗れました。


第2試合
東 ‭‭004 420 002‬‬ | 12
北 501 403 00× | 13

1回の裏、北九大の攻撃。
先頭打者田中聖弥が右前安打で出塁、盗塁を決めます。
その後相手野手の野選や投手の四球により、押し出しで1点先制します。
未だ無死満塁のチャンス。バッターは名城(新2年・宮崎南)。
右前適時打により走者が生還します。
さらに、7番山下廉太(新2年・東筑)の犠飛で1点、主将渡辺(新4年・小倉東)の左越二塁打で2点追加。この回一挙5点を奪いました。
しかしこの後、東亜大の猛追に一時10-10の同点となりましたが、6回に3点を追加。9回に1点差まで詰められますが、なんとか逃げ切り試合終了。
12-13で勝利しました。

今日の試合では連日の疲れが残っているのか、野手の失策が多く目立ちました。
この連戦で、リーグ戦を戦い抜く体力を身につけていきたいと思います。
4年生マネージャーの南です。

本日は13時から新日鐡光球場にて、
光シーガルズさんとオープン戦をさせていただきました。
結果は以下の通りです。

北 020 000 002|4
光 100 040 00×|5

初回に1点を失いますが、直後の2回、
無死1.3塁から島原(2年・海星)の右前適時打、尚も続くチャンスで稲毛(4年・北筑)の中前適時打があり、計2点を返します。

しかし5回に本塁打などで4失点し、5対2とされます。

そこからお互いに得点が奪えずそのまま試合終了かと思われましたが、9回、先頭の上原(3年・熊本学園大学付属)が内野安打で出塁すると、代打で出た田中聖弥(2年・防府)が右中間越えの二塁打を放ち本日3打数2安打の稲毛に繋ぎます。稲毛は期待に応えるかのような左前適時打で1点を返します。その後内野ゴロの間に更に1点を奪い、5対4の1点差に詰め寄ります。しかし反撃もそこまでとなり、敗戦いたしました。

明日の11時から西日本工業大学さんのグランドにて、鹿屋体育大学さんとオープン戦をさせていただきます。

いよいよ4月に入り新年度となります。ここから気持ち新たにリーグ戦に向けて練習、試合に励んで参ります。